産後ダイエット

妊娠中はホルモンのバランスが変わり、脂肪を貯めやすくなっています。
つまり、脂肪がつきやすい体になっているのです。
そして、運動をあまりしなくなるので基礎代謝も低下しています。
いくら体重の管理をしていても、太りやすい体となっているので妊娠中には太ってしまいます。

産後に太る理由

妊娠中にも太ったのに、産後にも太ってしまうのはなぜ!?という人が多いですよね。
産後に太ってしまう原因があるのです。

赤ちゃんを出産すれば痩せるというのは間違いです。
産後の痩せやすい時期に痩せなければ、妊娠中についた脂肪はそのまま定着してしまいます。

産後の痩せやすい時期とは、脂肪が定着していない産後6ヶ月ほどです。
産後ダイエットを効率良く行っていくために、正しい知識を身につけましょう。

この原因を理解して、産後太りを予防し、ダイエットに励みましょう!

骨盤が開いて脂肪がつきやすい

妊娠中から、出産のために骨盤が少しずつ開いていきます。
そして、出産の時にさらに骨盤は開きます。

骨盤が開くとそこに脂肪がつきやすくなり、骨盤が内臓を支えられなくなるので代謝が悪くなります。

妊娠中の基礎代謝の低下で脂肪がつきやすい

妊娠中の経過が順調だった人でも、お腹が大きいことや、「何かあったら…」という不安から運動を控えてしまいがち。

妊娠中の運動不足によって、基礎代謝が低下してしまいます。

基礎代謝が低下すると、同じ運動をしても消費するエネルギーが少なくなってしまうので、太りやすくなってしまいます。

理想的な食事や運動

ダイエットというと、つい食事制限と考えてしまうのではないでしょうか。
産後はまだホルモンのバランスが崩れやすい時期です。
偏った食事によって、産後のトラブルを招く事だってあるのです。

また、産後は骨盤がしっかりしていないので、激しい運動は控えましょう。
骨盤をしっかり元に戻す運動が効果的です。

産後ダイエットの理想的な食事

産後は出産によって失われた栄養素をしっかり補わなくてはなりません。
また、良質な母乳を出すためにも栄養のバランスは大切です。
産後の食事の注意点を紹介します。

1日3食とりましょう。

食欲がないからと言って朝食を抜いたり、痩せたいからと言って夕食を抜いたりすると、体がエネルギーの消費を抑えたり、脂肪を貯めこもうとしてしまい、反対に太ってしまうこともあります。

食欲がないときは軽食でも良いので食べて、欠食のないようにしましょう。

栄養バランスを考えて。

出産で消耗した体力を回復し、母乳を出さなくてはなりません。
しっかりと栄養を取りながら、カロリーを抑えた食事が良いですね。
洋食よりも和食のほうが適しています。

また、次に紹介する栄養素は産後のお母さんには欠かせません!

カルシウム

妊娠中には多くのカルシウムが赤ちゃんに取られています。
また、赤ちゃんの成長にもカルシウムは必要です。
母乳で育てている人は特にカルシウムをしっかり取りましょう。

鉄分

妊娠・出産で鉄分を大量に失っていますので、産後は鉄分をしっかり取るようにしましょう。
ビタミンCは鉄分の吸収を助けるので、組み合わせて取るのが◎

食物繊維

便秘を解消してくれるだけでなく、腸内の脂肪を外に出す働きがあります。
根菜類や海草、きのこは食物繊維を多く含むみ、低カロリーなのでおすすめの食材です。

たんぱく質

たんぱく質が不足すると、筋肉が落ちて代謝が低下してしまいます。
植物性たんぱく質を多く取るようにし、動物性たんぱく質は肉よりも魚を取るようにしましょう。

産後ダイエットの理想的な運動

産後の体は、骨盤が開き、お腹の皮膚が伸びた状態になっています。それらは、運動によって解消できます。放っておくとぽっこりお腹の原因に…。

骨盤体操

骨盤の開きは、下半身太りやぽっこりお腹の原因となってしまいます。

また、代謝を低下させる原因となってしまうので、骨盤が固定される前の産後6ヶ月までに行うのが効果的です。

腹筋

腹筋を鍛えることで、お腹のゆるんだ皮膚を改善できます。

また、出産後にゆるんだ腹筋は、ゆるんだままにしておくと脂肪をつけてしまうんです。
これも、お腹にお肉がつきやすい原因の一つです。

長続き&成功のコツ

極端なダイエットをしても、無理しすぎたり、三日坊主では効果がありません。
無理なく長く続けることが大切です。

ダイエットを長続きさせて成功させるには、無理しすぎないと言うことです。
途中で断念してしまう人は、我慢しているものが多すぎる場合がほとんどです。
嫌なことばかりでは、長続きできません。

カロリーの高いものでも、週に何度か食べても良い日を作ったり、外食が好きな人は、外食のときは好きなものを食べて良いなどの自分なりのルールを決めると良いでしょう。
それが休憩となることで、また続けていく気力もわきます。

そして、運動はどこかに行ってやるものよりも、自宅でできる運動を見つけましょう。
自宅で10分でも、毎日行うことが大切です。
テレビを見る前や、入浴後など時間を決めて行い習慣付けると良いです。

出産後の生活についてについて、さらに詳しく読みたい