高齢出産・病院

病院選びは出産準備の一つです。
病院によって出産方法も違ってきます。
高齢出産の場合は、リスクを伴う場合もあるので病院は慎重に選びたいですね。

個人病院と総合病院の違い

年齢に関わらず出産にはリスクを伴うものですが、一般的に高齢出産はリスクが高いという認識があり、助産院や医療技術の備わっていない病院では、高齢出産というだけで断られてしまう場合もあるとか。

しかし、高齢出産だからと言って総合病院が良いとは一概に言えません。
妊娠中の経過や自分の健康を考えて病院を選ぶと良いでしょう。

また、高齢出産というだけで、帝王切開と決めてしまう病院も多いようです。
高齢出産でも自然分娩で元気に出産し、安産の人もたくさんいます。
妊婦さんそれぞれの妊娠の経過をみて、出産方法等考えてくれる病院が望ましいですね。

個人病院

個人病院とは個人医院も含み、産科専門の病院もあります。
最近はその病院の特徴を出す出産方法やサービスを行っている個人病院が多いです。

また、医師の人数が少ないので(医師が一人の場合が多いです)、妊娠から出産まで担当の医師が決まっているというメリットがあり、妊娠してからずっと診てもらった信頼している医師に出産も担当してもらうことができます。

医師が担当する人数も多くないため、細かく配慮してもらうことが出来ます。
何かの対応できないトラブルがあった場合には、総合病院に搬送されることもあります。

個室が多くあり、母子同室も少ないため産後ゆっくり過ごしたい人や、出産方法にこだわりたい人に良いかもしれません。

総合病院

総合病院は、医師が多くいるため、診察を担当している医師が出産を担当しない場合もあります。
大きい病院であっても、出産方法は限られていることが多いです。

しかし、新生児集中治療室(NICU)があったり、高度な医療設備が備わっているので、お母さんと赤ちゃんに何かのトラブルがあった場合にはすぐに対応できます。

もともと、持病がある人は総合病院が安心かもしれませんね。

転院について

妊娠に気付いて真っ先に病院に行ったものの、よく調べてみたら他の病院のほうが良かった…なんて事ありますよね。
会社の近くの病院に行ったけれど自宅の近くで産みたい、通ってみたら先生と合わなかった等、転院の理由はさまざま。
里帰り出産の場合も、転院することになります。

自分の都合での転院

転院する場合、転院することを伝えて紹介状を書いてもらうことが望ましいです。
その際の転院の理由は、相手を嫌な気持ちにさせない理由にするのが良いです。

「里帰り出産することにした」「家族の通いやすい産院にしたい」等、病院に何の不満もないということを伝えると、スムーズかもしれません。
中には転院を伝えたことで嫌な思いをしている人もいますので、問題なく済ませたいですね。

また、転院を病院に伝えずに違う病院にそのまま行ってしまう人もいますが、転院先が総合病院の場合は、紹介状がないと初診料がかかります。
高い病院では5000円以上かかります。

病院の勧めでの転院

出産間際に逆子で急に転院することになったり、妊娠中の経過があまり良くなくて転院を勧められたりすることがあります。

この場合は、病院から転院の流れを教えてもらうことができますし、紹介状も出してもらえます。

赤ちゃんが病気かなと思ったら

生後間もない場合は、総合病院や小児科を併設している個人病院の場合は出産した病院の小児科に行くと良いでしょう。
出産した病院に小児科がない場合は、近くの小児科を受診しましょう。

「赤ちゃんはお母さんのおなかの中で免疫がついているので、生後6ヶ月くらいは風邪をひかない」なんて聞いたことはありませんか?

お母さんのおなかの中でしっかりと免疫をもらっているのですが、全ての病気の免疫というわけではありません。
赤ちゃんの様子がおかしいと思ったら、早めに受診しましょう。

Q&Aについて、さらに詳しく読みたい